医学部の予備校は平均500万ほど必要で、手厚い指導が受けられる反面、講師の数が少ないので合わない可能性がある。

医学部の予備校について
医学部の予備校について

医学部の予備校について

医学部の予備校について
医学部は最低でも偏差値が60程度場所によっては偏差値75ほど必要となるので、入学するのがとても難しい学部です。なので、大学にもよりますが、現役で合格できるのが10%から50%程度なので並大抵の努力では入学できないことが分かります。なので、今回は医学部に入るために入った方がいい医学部の予備校について書いていきます。

まず、予備校に必要な学費、予備校に入るための入試について書いていきます。通常、大手予備校の医学部対策コースでは100万円以下で受講できますが、医系専門予備校の場合は食事代やロッカー代、または個別指導料金など学習に関する全ての料金が含まれてくることが多いので平均500万円ほどの授業料が必要になります。次に入試について書いていきます。医学部予備校では、入学前にテストを実施しているところがほとんどです。試験内容は学科試験と面接試験を受けることが多いです。学科試験は数学、英語、物理二科目などが一般的で、面接では、医師としての適正、人間性、またはやる気などの意志をみられることが多いです。

次に医学部の予備校のメリット、デメリットについて書いていきます。メリットは、医学部に特化しているためその分生徒数も少ないので、手厚い指導を受けることが出来ます。また、教職員およびスタッフが生徒の学習管理を徹底しているので、自分に甘えがちになってしまう人には、厳しい管理下で勉強に集中することができます。デメリットとしては規模が小さいため大手に比べて講師の数が少ないので、自分に合う講師と出会える確率が減ってしまうことです。

お役立ち情報

Copyright 2015 医学部の予備校について All Rights Reserved.